光の水自然農園説明


長野県飯綱高原にある水輪ナチュラルファーム 光の水自然農園からのおたよりです。
●ご感想・お問合せは、メール farm@suirin-naturalfarm.com までお願いいたします

2019年3月31日日曜日

2019/03/31 土ふるい頑張っています!

人間でも三つ子の魂百までということわざがありますが、
野菜でも苗半作いう言葉があります。
苗半作とは、育苗で野菜の出来は半分決まってしまうということです。

育苗の決め手は育苗培土、すなわち土づくりです。
種をまきたての野菜の赤ちゃんには、不純物の入っていない、きめの細かいふかふかなベッドを用意してあげなければなりません。
そのために今日はビニールハウスで育苗用の土のふるいを行っています。

育苗用の土は畑で育った小麦のワラや大豆の殻や草刈りした雑草などを積んでおいて、2年くらい置いて、微生物が分解し、土になったものを使用しています。
いわゆる植物性堆肥です。
中にはまだ分解していない大きなくずがあるので、それをふるって細かい土だけ育苗に使用しています。
昔は網目の入ったカゴ人力でふるいをで行っていたのですが、今は手動の機械を使っています。

地味な実習ですが、とても重要な実習です。
心を込めて行いました。
今年も良い苗ができますように。




2019年3月29日金曜日

2019/03/29 大根大きくなりました。

ビニールハウスにまいた大根が少しずつ大きくなっています。
大根葉黒マルチという保温資材で温かくしてあげながら育てています。
この調子で元気に育ちますように。



2019年3月24日日曜日

2019/03/24 水菜も育ってます!

ビニールハウスに1月に播いた水菜もだいぶ大きくなってきました。
ギザギザの葉っぱが特徴の水菜ですが、小さい頃からすぐに水菜だとわかります。
野菜の葉っぱはそれぞれ個性があってかわいいですね。




<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年3月20日水曜日

2019/03/19 小松菜順調に育ってます!

ビニールハウスに1月に播いた小松菜がだいぶ大きくなってきました。
青々しい葉っぱがとてもたくましく、成長が楽しみです。



<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年3月8日金曜日

2019/03/08 お野菜を育てる準備がはじまっています!

現在、外はまだ雪が残っていますが、
ビニールハウスの中ではもうすでに作物を育てる準備がはじまっています。

種まきにはじまり、
苗を育てるための温床を作ることや、
それらを植え付けるためのビニールハウス内での畝作り。
外は寒いのですが、日中、ビニールハウスの中はとても暑くなります。
時には、汗だくになることも。

全国の皆様に、美味しいお野菜を早く届けるためには、
この時期がとても大切なのです。

一年の始まりは、やはり手を抜かずしっかりと行い、
今年もおいしいお野菜作りを頑張っていきますので、
皆様よろしくお願いいたします。

(K.A.)


2019年3月5日火曜日

2019/03/05 本物のお漬物②

皆さんこんにちは!農場長の菅野です。

日差しがとても暖かく、
いつもより早く春が来そうな気候になってまいりました。

それでもまだ畑は雪に覆われており、
端境期(季節の変わり目でお野菜があまりとれない時期)に入り、
品目も少なくなっていますが、厳選したお野菜や漬物、
加工品等を入れさせて頂いております。

先週もお伝えしましたが、自家製の漬物は特におすすめです。
世の中は減塩ブームで減塩の漬物が流行していますが、
実はこの減塩の漬物、塩が減ったかわりに大量の添加物が投入されているのです。

そもそも塩は、塩分濃度を10~15%ほどに保つことにより、
漬物の保存性を上げたり、色落ち防止等の役割を果たしています。
しかし減塩漬物は塩を5~8%減らすかわりに、その分保存料を加えます。
また、それだけではしょっぱさが変わらないため
消費者に「塩分が半減した」という錯覚を持たせるため大量の甘味料を加えるのです。
健康をうたっておきながら、健康とはかけ離れた食べ物になってしまっています。

水輪ナチュラルファームの漬物は添加物、保存料は一切使用しておらず、
天然の素材だけで作られています。
安心安全、本物の漬物の味を味わってみてください。





<こちらもあわせてご覧ください!>