光の水自然農園説明

長野県飯綱高原にある水輪ナチュラルファーム 光の水自然農園からのおたよりです。
●ご感想・お問合せは、メール farm@suirin-naturalfarm.com までお願いいたします

2018年3月21日水曜日

2018/03/20 堆肥場作りを行いました。




今日は堆肥場作りを行いました。
堆肥とは、自然農園でできた草や麦わらや大豆がらなどを2~3年かけて
分解・熟成させたもので、栄養のある土のようなものです。
これを苗づくり用の土として使用しています。

スコップで土を掘り、水平にして木の杭を打ち、そこにコンパネという板をあてます。
力仕事でなかなかハードですが楽しく実習を行えました。
堆肥場作りをしていて思ったことは、これは、業者に頼んでしまえば簡単なことで、でも自分たちは、自分たちの手で行っている。自分たちで食べるものを、自分たちの手で作るという事は、こういう事も含めて言うんだな、という事です。
美味しく安全な野菜を作るための下積みを今みんなで頑張っているところです。

研修生 N.T