光の水自然農園説明


長野県飯綱高原にある水輪ナチュラルファーム 光の水自然農園からのおたよりです。
●ご感想・お問合せは、メール farm@suirin-naturalfarm.com までお願いいたします

2018年1月25日木曜日

2018/1/25 コラム「なぜ 今 自然農なのか?」

【~窒素はどこへいく? 窒素肥料と温暖化~】vol,2

前回は、窒素肥料を与えると50%は亜酸化窒素として大気に放出され、地球温暖化とオゾン層破壊の原因になるとお伝えしました。では残された50%はどうなるのでしょうか?
残された50%の窒素はそのまま作物に吸収されません。まずその半分の25%は土中のバクテリアに吸い取られます。残った25%は作物と草との競合で作物に吸収されるのは与えた窒素肥料10kg10(1)になります。窒素肥料は土中の硝酸菌によって、窒素~硝酸態窒素に変わり作物に吸収されます。作物が吸収した硝酸態窒素は、そのまま残留し人体の中に入っていきます。体内に入った硝酸態窒素は体内で亜硝酸体態窒素に変わり、ヘモグロビンの動きを邪魔して酸素欠乏症を引き起こします。アメリカではブルーベビー事件と言われる裏ごししたほうれん草を離乳時の子供に食べさせた結果、278人が中毒になり、39名が死亡したという事件がありました。

本来健康を保つため、人間に欠かせない存在のはずのお野菜がなぜ、地球温暖化を促進したり、健康の害になるのか?それは自然の本来調和したお野菜作りではないからです。
なるべくはやく、なるべくたくさん。見た目を綺麗に、大きな野菜を。
そういう人間の一方的な欲望を叶えるために農薬や肥料を使い、自然ではない不調和なお野菜をつくる。
その不調和なお野菜を食べるから人間や環境にも不調和が起きてくるのです。

自然農は、人間と自然とが調和したお野菜です。
農薬や化学肥料、動物性肥料を一切使わない。
太陽と大地のエネルギーで育まれたお野菜は
人の心と体を「癒す」力があると私たち信じています。

化学物質過敏症の方や、体調が悪い方も、
光の水自然農園に来て畑を歩き、お野菜を食べると
皆笑顔で言ってくれます。
「なんだか心が温まる味ですね。」

これからの世界、地球、人類。
そして人の心にとって。
「農」は「食」はどうあるべきなのか。


今一度考えたいと思います。

2018年1月23日火曜日

2018/1/23 コラム「なぜ 今 自然農なのか?」


【~窒素はどこへいく? 窒素肥料と温暖化~】vol,

日本のスーパーに並ぶ9割の野菜に使用されている農薬と化学肥料。実はその影響は人体だけにはとどまりません。農薬と化学肥料は地球環境にも大きく影響しているのです。
現代の農業の常識からいうと、植物の成長には窒素が欠かせません。(それが真実かどうかは別として)一般の多くの農家さんが植物の生育を良くするために化学肥料を畑に投入します。しかし、その窒素という成分がどのように変化し、大気や人体にどのように影響を及ぼしているかはほとんどの人は知らないと思います。
例えば、畑に10㎏の窒素肥料を与えたとすれば、実は50%がガス化し大気中に拡散されるのです。このガス化した成分は「亜酸化窒素」と言われています。
実はこの「亜酸化窒素」はオゾン層を最も破壊する物質だということを米海洋大気局の研究チームが発表しています。一般的に有名な「フロン」よりもこの「亜酸化窒素」の方がオゾン層を破壊するのです。

また「亜酸化窒素」は、地球温暖化係数の表で見ると二酸化炭素が1に対して、「亜酸化窒素」は310という数字が出ています。地球温暖化係数とは二酸化炭素に比べてどれだけその物質が地球を温暖化する力があるかということ。つまり、亜酸化窒素は二酸化炭素の310倍の温暖化する力があるのです。
米大気圏局からは温暖化の原因の一つは農業資材の過剰投与だという発表がありました。

農薬化学肥料は地球温暖化にも影響しているのです。


続く。


2018年1月19日金曜日

2018/1/19 コラム 「なぜ 今 自然農なのか?」




【~硝酸塩を含んだ野菜の恐さ~】vol,2


農薬、化学肥料を使用した野菜に残留する硝酸塩。前回は乳幼児に及ぶ被害をお伝えしましたが、
硝酸塩の影響を受けるのは乳幼児だけではありません。
米国のコロラド大学保健センターのコストラバ博士は次のように説明しています。
「体内に取り込まれた硝酸塩は、消化器官内のPHの影響を受けて亜硝酸に還元され、二級アミンと結合し、ニトロソアミンを生成する。」これが強力な発ガン物質。博士はこうも言っています。
「中毒地に達したニトロソアミンは遊離基を放出し、これが肝臓にあるβ細胞を傷つけてインスリンの生成を妨害する。このため、高濃度の硝酸塩はインスリンの依存糖尿病を引き起こす」と。

添加物、保存料に溢れたこの時代。
毎日口にする食べ物全てを、完全に安全にすることは難しいことかもしれません。
けれど、一番身近で、健康を支えてくれるお野菜だからこそ安全安心な野菜を口にしたいものです。
だからこそ私たちは農薬・化学肥料を一切使用しない自然農のお野菜作りに取り組んでいます。
正真正銘の安全安心を、これからも守っていきたいと思います。



2018年1月13日土曜日

2018/1/13 コラム 「なぜ 今 自然農なのか?」




世の中には様々な農業のやり方があります。それは国や地域、時代によって工夫が重ねられ、変化してきました。(進化ではない。)
その中でも私たちは「自然農」が人間と地球の未来を救う次の時代の農業だと思っています。
ではなぜ自然農なのか?
農薬や化学肥料を一切使わない。
大自然の循環の中で、大地のエネルギーを吸収し育つ、いのち輝く野菜。
このコラムでは自然農のその良さと、現代の食に潜む恐ろしい現実を皆さんにご紹介したいと思います。

【~硝酸塩含んだ野菜の恐さ~】vol,
「野菜を食べなさい!」「野菜は体にいいんだから残しちゃダメでしょ!」
誰しもが子供のころに一度は言われたことがあるのではないでしょうか?
一般的に砂糖や牛乳、マーガリンと言った食べ物の危険性は世の中でよく指摘され、皆さんも色々なところで耳にしたことがあると思います。そしてそれと同時に世の中では「野菜を食べましょう」という声が聞こえてきます。
子供の体を思う親なら必ず我が子には野菜を食べさせることでしょう。
確かに野菜が体にいいことは確かです。
ただし、
その野菜が「安全」な野菜であれば、ですが。

もしその野菜が安全でなければ、
子どもの命を脅かす危険があるのです。

Q硝酸塩がなぜ恐いのか?

①慣行農法において、野菜を育てるには窒素成分が必要で、そのためには窒素肥料を投入する。野菜がそれを吸収し生長する。それまでの過程で、窒素成分は様々な形に変化するが最終的には亜硝酸に変化する。これは、ガンを誘発するなど人体に極めて有害な物質なのである。しかも、日本の野菜に含まれる硝酸塩濃度は、手遅れになりかねないほどの危険レベルに達しているのだ。東京都は1986年からの調査に関して「硝酸塩、亜硝酸塩がガンに影響する」と検査目的を明記している。
20年以上にわたる膨大なデータをまとめた表のうち、次の数字だけ、しっかりと記憶にとどめていただきたい。
チンゲンサイ  16000㎎/
これは、野菜に含まれる硝酸塩を1㎏当たりに換算したデータで、これまでの検査の中で最高の数値を示している。世界保健機構(WHO)は、硝酸塩の単独致死量を4gと定めているから、たったの3株食べただけで人間が死ぬ計算になる。

②硝酸塩は体内に入ると亜硝酸塩に還元される。
すると、胃の中で肉や魚に含まれるアミンと結合してニトロソアミンという発ガン物質をつくってしまう。そればかりか、硝酸塩は血液に入るとヘモグロビンの鉄分を酸化させ、血液が酸素を運べなくなる。
特に危険なのは、硝酸還元菌を殺す胃液が充分に分泌されない乳幼児だ。

③硝酸塩は、ごく普通の健康体であれば、一定量は小水として排泄されてしまうが、多量に摂取すると、排泄が間に合わず体内に残留してしまう。そして、硝酸塩を体内に取り入れたために、死亡事故もおきている。
WHOによれば、第二次世界大戦から1968年まで約2000件の中毒事故があり、160人の乳幼児が死亡している。1950年から1965年ごろにかけて欧米ではホウレンソウが原因で乳幼児の中毒事件が相次いだ。全米で1600の症例が報告され、83の論文に死亡例が出ている。

次回へ続く…。

2018年1月4日木曜日

2018/01/04 お正月は館内に入ってます




いつもは畑で頑張っているファームメンバーも年末年始はお客様がたくさんいらっしゃるので館内に助っ人に入っておりました。館内のお掃除や厨房の片付けなど、さまざまなことをお手伝いしました。館内は何をするにしてもとても繊細。慣れない実習もあり、とまどうこともありましたが学び多い期間でした。
ありがとうございました。