光の水自然農園説明


長野県飯綱高原にある水輪ナチュラルファーム 光の水自然農園からのおたよりです。
●ご感想・お問合せは、メール farm@suirin-naturalfarm.com までお願いいたします

2019年3月20日水曜日

2019/03/19 小松菜順調に育ってます!

ビニールハウスに1月に播いた小松菜がだいぶ大きくなってきました。
青々しい葉っぱがとてもたくましく、成長が楽しみです。



<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年3月8日金曜日

2019/03/08 お野菜を育てる準備がはじまっています!

現在、外はまだ雪が残っていますが、
ビニールハウスの中ではもうすでに作物を育てる準備がはじまっています。

種まきにはじまり、
苗を育てるための温床を作ることや、
それらを植え付けるためのビニールハウス内での畝作り。
外は寒いのですが、日中、ビニールハウスの中はとても暑くなります。
時には、汗だくになることも。

全国の皆様に、美味しいお野菜を早く届けるためには、
この時期がとても大切なのです。

一年の始まりは、やはり手を抜かずしっかりと行い、
今年もおいしいお野菜作りを頑張っていきますので、
皆様よろしくお願いいたします。

(K.A.)


2019年3月5日火曜日

2019/03/05 本物のお漬物②

皆さんこんにちは!農場長の菅野です。

日差しがとても暖かく、
いつもより早く春が来そうな気候になってまいりました。

それでもまだ畑は雪に覆われており、
端境期(季節の変わり目でお野菜があまりとれない時期)に入り、
品目も少なくなっていますが、厳選したお野菜や漬物、
加工品等を入れさせて頂いております。

先週もお伝えしましたが、自家製の漬物は特におすすめです。
世の中は減塩ブームで減塩の漬物が流行していますが、
実はこの減塩の漬物、塩が減ったかわりに大量の添加物が投入されているのです。

そもそも塩は、塩分濃度を10~15%ほどに保つことにより、
漬物の保存性を上げたり、色落ち防止等の役割を果たしています。
しかし減塩漬物は塩を5~8%減らすかわりに、その分保存料を加えます。
また、それだけではしょっぱさが変わらないため
消費者に「塩分が半減した」という錯覚を持たせるため大量の甘味料を加えるのです。
健康をうたっておきながら、健康とはかけ離れた食べ物になってしまっています。

水輪ナチュラルファームの漬物は添加物、保存料は一切使用しておらず、
天然の素材だけで作られています。
安心安全、本物の漬物の味を味わってみてください。





<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年2月26日火曜日

2019/02/26 雪中人参収穫してます!

今年はここ飯綱でも日差しが温かく、一足はやく春がやってきそうな予感がしています。

そんな中、今日は皆で雪中人参の収穫をしています!
雪の下から人参を掘るのは大変な実習ですが、この時期のお野菜はとっても貴重です。
さらに、雪の下で熟成された人参は旨味がまして、ますます美味しくなっています。
試しに一口食べてみましたが、甘くてジューシーでとっても美味しくなっていました!

今年は量が少ないのでお野菜定期便の会員の方限定でお送りさせて頂きます!
皆さんどうぞお楽しみに♪



<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年2月22日金曜日

2019/02/21 畑で学んでいる事

【T.N.】
自分が畑作業をやっていて学んだことは、
野菜を作ることの大変さと、
忍耐強さを身につけることと、
天候と野菜の関係です。

野菜を作るためには、天気を読まなければなりませんし、
それに付随して、
トンネルを張ったりマルチを張ったりなど
苦労しながら野菜を守らなければなりません。
一筋縄にはいきません。

夏は防虫ネットや、冬はトンネルやビニールハウスの雪かきなど
大変なことはいっぱいありますが、
やはり達成感があります。

最初はただ漫然とやらされているという感覚もあったのですが、
段々変わってきて、農道的になっていきました。

そんな苦楽を、今は味わいながら、頑張っています。

【Y.S.】
野菜を収穫する時に、特に学ばさせてもらっている事は、
野菜をコンテナに運んで、重たくても眠くても
やり続ける精神力や忍耐力、体力、腕力などです。

もちろん、コンテナ運びだけでなく、収穫や発送も行なっています。

発送では、たくさんのお客様のために
野菜をきれいにして選別してつめさせて頂く、
仕事に必要な繊細さ、丁寧さ、スピード、判断力などを
学ばさせていただいています。

そんな畑を作り上げるために、堆肥を運んでまいたり、
残渣を回収するなど、色々な面で学びを得ています。

<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年2月13日水曜日

2019/02/13 本物のお漬物!

みなさんこんにちは。農場長の菅野です。
いつもお野菜を食べて頂き本当にありがとうございます。

実は先日試しに市販の漬物を買って試食会を行いました。
自分は5年前水輪にくる前は添加物まみれの生活で、
毎日のようにファーストフードを食べていました。
定食屋のセットでついてくる漬物は結構好きで好んで食べていたのを覚えています。

そこで今回久しぶりに市販の漬け物を食べてみたのですが…。
とても市販のお漬物はたべれませんでした。
口に入れると不自然な甘みや舌が痺れるような酸味に気づき、
パッケージの裏を見ると案の定、ブドウ糖、着色料、グリシン等…
添加物のオンパレード。

この5年間水輪で自然農のお野菜と無添加の食べ物に慣れた体は
確実に「不自然な味」を拒否するようになっていました。

水輪の野沢菜漬けは石垣の天然の塩と昆布、畑の唐辛子等、
天然の材料しか使用していません。
私たちは毎日食べるものも、添加物のほとんど入っていない
自然なものを食べています。すごくありがたいことだと思います。

たくあん漬けの実習などを通し、
畑づくりは人づくりの実践にもなっています。

飯綱の寒さの中で熟成された昔ながらの漬物です。
大自然の恵みをどうぞ味わって頂ければ幸いです。



2019年2月7日木曜日

2019/02/02 (公財)自然農法国際研究開発センターへ勉強会に行って参りました!

先日、(公財)自然農法国際研究開発センターで開かれた
稲作の勉強会に行って参りました。

今回の勉強会は技術や知識だけでなく、
稲を観察するときにどのような目を持っていけばいいのか、
自分の観察眼を学ぶために非常に有意義な講義を受けさせて頂きました。

私たちも軍足というところに田んぼを6反持っています。
そこは山奥の森に囲まれた場所にあり、
一番山から湧き出る水源の田んぼでお米を作っています。

まだまだ私たちの創意工夫次第で田んぼの力を発揮していけると思いますので、
これからも精進していきたいと思います!


2019年1月31日木曜日

2019/01/31 雪かき一生懸命頑張っています!

飯綱高原では積雪1mを超え今年はかなりの雪が降っています。
ビニールハウスのまわりには屋根に積もった雪が積もって
かなりの高さになってきています。
ハウスに圧力がかからないように皆で横の雪をかきます。

特に今のように降り積もってくると
自分の頭の上まで雪を振り上げなければいけなく、これが本当に大変です。
全身の力を振り絞って一回一回振り上げるので雪かきは
体つくりには持ってこいの実習です。

美味しいお野菜を守るため、今日もみんなで頑張りたいと思います。



<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年1月30日水曜日

190130 苗も芽が出てきました!

先日トレイに播いた種が芽を出しました。

冬場は寒くて苗が育たないため、温床というところで苗を温めています。
温床の下には電熱線が張られていて、
苗が冷えないように常に温められており、
そのおかげで冬でも苗を育てることができるのです。

発芽がそろって一安心。
この調子で健やかに育ちますように


2019年1月28日月曜日

2019/01/28 今年最初の発芽です!

先日種を播いたお野菜の芽が出ました!
外は氷点下の気温だったのでちゃんと芽がでるか心配でしたが、
しっかりと芽が出て可愛い顔を出してくれました。

こんな環境でもたくましく生きるお野菜からは本当に励まされます。
私たちも寒さに負けず頑張りたいと思います!




<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年1月20日日曜日

2019/01/20 今年も種まき始まりました!

いよいよ今年もお野菜の種まきがはじまりました。

圃場はすっかり雪に覆われてしまっていますが、
ビニールハウスの中で種まきをはじめています。

この時期はとても寒いので種蒔き後は不織布という薄い布のようなものをかけ、
種蒔き後はしっかり保温して温めてあげます。

今年はじめての種まき、どうか健やかに育ちますように。




<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年1月14日月曜日

2019/1/14 室で大根 熟成中です!

飯綱では極寒の寒さが続いておりますが、まだまだお野菜の発送を行っております。

冬に収穫した大根は室(むろ)というところで現在熟成しています。
室とは地中3メートルの深さに3メートル×5メートルくらいのスペースがあり、
それに木で屋根をかぶせてまたそこから土をかけて
熱を逃がさないようになっている地下室みたいなものです。

室の中は地面からの地熱で温かくなり、
約1度~3度くらいの温度で保たれます。
また、土のなかなので湿気も多く、お野菜の保管にはもってこいの環境なのです。

また、寒さの中で越冬するため大根の中のでんぷん質が糖に変わり
とても美味しい大根になります。

一年の中でもこの冬の時期の熟成大根は最高のおいしさです。
どうぞ雪国の恵みを一度ご賞味ください。




<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年1月2日水曜日

2019/01/02 新年あけましておめでとうございます。

いつもお野菜をご注文頂きありがとうございます。

本年で水輪ナチュラルファームは開園16年を迎え、皆さまの温かいご支援のおかげでここまで継続発展してくることができました。

皆さもご存知の通り、私共の自然農園は青少年の社会復帰事業のフィールドとしても活用されており、様々な課題を抱えた青年達が自然農法の畑を通して、癒され、活力を取り戻し、体力的にも、人間的にも成長して社会復帰していっています。

青少年たちにとって、自分達の育てたお野菜を注文してくださるお客様がいることが、何よりの「誇り」と「生きがい」に繋がっています。皆さまに時折頂くお野菜の感想やメッセージは青少年の励みになっており、本当にありがたく思っております。
改めて御礼申し上げます。

近年は災害的猛暑や台風、地震など様々な災害に見舞われ、地球の環境が大きく変化しようとしています。ただ目の前の現象に翻弄されることなく、大自然からのメッセージを受け取り、我々人間はどのように生きていくべきなのか、もう一度見直す機会を与えられていると感じています。

混迷のこの時代だからこそ、循環備蓄型の自然農法、将来世代に永続的に繋いでいける「いのちの在り方」を深め、発信していきたいと思っております。
まだまだ未熟者ながらも、精一杯頑張りますのでどうか本年もよろしくお願いいたします。


                                                  
(株)水輪ナチュラルファーム
                          代表取締役  塩澤 研一
                          農場長    工藤 義久
                          営業部長   菅野 綾人

2018年12月28日金曜日

2018/12/27 雪中キャベツ熟成中!

飯綱では何度か雪ちらつき、圃場はすっかり銀世界になってしまいました。

ほとんど圃場の作物は収穫したのですが、いくつか雪の下に残している作物があります。
その一つがキャベツです。

雪の下は零度~1度くらいの温度になり、
お野菜にとっては一番状態良く保存できる温度となります。
その中でお野菜の中のでんぷん質がだんだんと糖分に変わり、
とても美味しいお野菜になるのです。

愛情込めて育てたキャベツを収穫せずに雪の下においておくのは
なんだか寂しい気もしますが、
そこは我慢してキャベツを信じて雪の下に残します。

お野菜定期便のお客様にも順次雪かきしながら収穫しお送りしていきますので、
どうぞ皆さんお楽しみに♪




<こちらもあわせてご覧ください!>

2018年12月24日月曜日

2018/12/24 ブルーベリーの冬支度!

今年もたくさんの実をつけてくれたブルーベリー、
今は葉っぱが全て落ちて丸裸になってしまいました。

飯綱では積雪1mを超え、ブルーベリーはすっかり雪に覆われてしまいます。
なので雪解け時に枝が折れないようにしっかりと誘引をしてあげなければいけません。

ということで皆でブルーベリーの誘引を行いました。

枝が折れないように優しくたぐりよせ、ギュッとまとめて結びます。

弱すぎると枝が広がってしまい、雪がたまってしまうし、
強すぎると枝が折れてしまいます。

その木によって枝の姿も様々なので、
1年間の感謝を込めて1本1本丁寧に誘引しました。

どうか無事に冬を乗り越えられますように…



<こちらもあわせてご覧ください!>